(ご案内)当山御参拝の皆様へ 追記あり

  • 2019/01/02

ご案内「当山御参拝の皆様へ」

⚫納経、朱印をご希望される方へ

当山参拝後、本堂正面脇のインターホンを鳴らしてください。住職、副住職が対応させて頂きます。

インターホンを鳴らしても返答のない場合は当山境内の地蔵山で作務(清掃作業、管理作業)中か法務(お参り等)や諸用で不在にしております。恐れ入りますが少し時間を置いて出直して頂くようお願いしております。

なお、来山前にお電話にて確認して頂くことは可能です。ご了承ください。合掌。

⚫境内山頂に上られる方へ

昨今、口コミやインターネット等で見晴らしの良いローカルスポットとして少しずつ認知されだした影響やスマホゲームアプリの影響で山頂に登られる方が増えております。登られるにあたり、お声がけ頂くことは必要ありませんが、当山、地蔵山は寺、お堂が建立される遥かに昔より信仰の山として存在し、御三体として阿弥陀三尊様がおられます。

阿弥陀、魚橋地域の信仰の聖域であることをご留意いただけると幸いです。

また小高い丘程度の山で参道は階段になっておりますが、岩場もございます。くれぐれも足元ご注意ください。

お車でご来山される方へ

専用駐車場はございませんが参道や参道前に数台駐車可能です。

また当山は加古川バイパスと隣接している為(バイパス建設時に境内地割譲した為)、カーナビゲーションやグーグルマップ等で住所や金剛寺の名称を入力しますと加古川バイパス上がゴール地点として案内されることが多々あります。ご注意ください。

当山は

加古川北バイパイス西向き
高砂北ランプ降り口接続の国道二号線交差点左折すぐ
(※株式会社 東洋金属熱錬工業所 高砂第二工場様向かい側)

から坂道(市道)を進みます。

詳しくは交通案内をご確認ください。

合掌。