お知らせ

地蔵山金剛寺の由来

このお寺は弘法大師を宗祖とし、高野山金剛峯寺を総本山とする高野山真言宗のお寺です。
ご本尊は『不動明王』で、拝む時は
『のうまくさーまんだ ばざら だん せんだまかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん』
とお唱えします。

高野山真言宗の教えは、「いのち」の平等と尊厳をさとり、大日如来の智慧をこの世に実現するために「生かせ いのち」を実践し、共存共生の世界をめざすことにあります。
大師は、未来永劫にわたって衆生を救済すると御誓願され、高野山奥之院に入定留身されています。
同行二人の信仰のもと大師の御教えをこの世に生かし実現する事が、金剛寺の務めであり、喜びです。