「仏教行事紹介」盂蘭盆・お盆(うらぼん・おぼん)とは

お盆とは正式には盂蘭盆(うらぼん)といい、サンスクリット語のウランバナullambana 倒懸 逆さ吊りという言葉が語源であり、逆さに吊るされる苦しみを救うという意味として伝えられてきましたが、最近の研究ではガンダーラ語のolana お供えを載せるお盆やご飯(梵語odana)の口語形olanaにから来てる説やアヴェスター語のurvan 霊魂 から来てるのではないかとも言われております。

「先ず施主家の為に呪願せよ。」
盂蘭盆経にある一説です。

お盆と言えば8月13日〜15日を中心にお盆休みの期間をイメージする方も多いと思いますが、本来は7月15日もしくは8月15日(旧暦の名残と夏休みの関係で1ヶ月遅れ)がお盆、盂蘭盆。

ある意味では今日が本来のお盆、盂蘭盆、仏歓喜の日、僧自恣の日。元は雨安居(雨季にお寺に籠ってやる勉強会)明けの日を表し、その日にお釈迦さんの高弟である目連が僧達に供養し、生前に息子を溺愛するあまり傍若無人のふるまいにより関わる人々を苦しめた(現代の言葉を借りれば元祖モンスターペアレンツと化した)業で餓鬼道(がきどう)に落ち飢えと渇きに苦しみ続ける亡き母親を救いました。

お盆は先祖や亡き人が返ってくるので供養する日だと言いますが、行き場のない餓鬼や無縁仏を併せて供養する日でもあります。

自分さえ良ければいいという気持ちを薄め、分かち合う心を養います。

自分さえ良ければいいと思っている間は何かを得ても共に喜んでくれる人がなく満たされず虚しいばかり。分かち合う心が真の満足を作り出します。

南無大師遍照金剛

合掌